« ケビン・マグヌッセン、「ハースF1のひたむきさがいい」 | トップページ | 「来季のF1はさらに2秒速くなる」と、ピレリが予測 »

2017/12/18

フェリッペ・マッサ、カート大会で無念の汚点

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
自他共に許すカート愛好家として知られるフェリッペ・マッサ(前ウィリアムズ)だが、そのカート経歴にとんだ不名誉が降り掛かった。

これは地元ブラジル・インテルラゴス近郊のグランジャ・ヴィアナで行われた耐久カート大会『 500 Milhas de Kart event』で起きた暴力事件によるもの。

先行していたマッサ・チームのコ・ドライバーあるロドリゲス・ダンタスに、後続で元ワールドシリーズbyニッサンやA1GP参戦の経歴を持つトゥカ・ロッチャが複数回追突したことからトラブルになり、激高したドライバーどうしによる殴り合いの暴力事件に発展したという。

オフィシャルは両チーム共に失格とされたが、直接の関わりはなかったマッサはしかし「バトルは競技の上でおこなわれるべきで、こんなことがあってはならない。
自分のカート人生においても初めてのことで、すべての人に謝りたい」と、謝罪した。

ちなみにレースはやはりブラジルの元F1ドライバーであるルーベンス・バリチェッロのチームが優勝したということだ。

|

« ケビン・マグヌッセン、「ハースF1のひたむきさがいい」 | トップページ | 「来季のF1はさらに2秒速くなる」と、ピレリが予測 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66171920

この記事へのトラックバック一覧です: フェリッペ・マッサ、カート大会で無念の汚点:

« ケビン・マグヌッセン、「ハースF1のひたむきさがいい」 | トップページ | 「来季のF1はさらに2秒速くなる」と、ピレリが予測 »