« マックス・チルトン、「F1はスポーツとして成立しない」 | トップページ | レッドブル首脳、「2018年のホンダに注目」とプレッシャー »

2017/12/28

不評のハロー(頭部保護装置)、広告効果に期待

Halo System (C)Sahara Force India F1
拡大します
衆知のように、FIA(国際自動車連盟)は2018年シーズンからF1にハロー(頭部保護装置)の装着を義務づけている。
ドライバーやチーム関係者からは不評の声が聞かれるハローだが、これについてマクラーレン・チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは商業的なメリットから前向きに捉えていることを明らかにした。

「来年からのF1は、この厄介な装置のせいで意識を変えなければならないことになりそうだ。
ただ実際にカメラがどのような映像を映し出すことになるかにもよるが、このハローが装着されることで、場合によってはこれまでスポンサー広告の重要なスペースだったドライバーのヘルメット・バイザーのポジションをハローが奪うことになるかも知れない。
ただその場合でももちろん使われるのは装置の外側部分であって、ドライバーの視界に影響を及ぼす内側については制限されるだろう」

ハローの導入については視界だけでなく、重量増やバランスに難を唱える関係者も多い。

|

« マックス・チルトン、「F1はスポーツとして成立しない」 | トップページ | レッドブル首脳、「2018年のホンダに注目」とプレッシャー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66205889

この記事へのトラックバック一覧です: 不評のハロー(頭部保護装置)、広告効果に期待:

« マックス・チルトン、「F1はスポーツとして成立しない」 | トップページ | レッドブル首脳、「2018年のホンダに注目」とプレッシャー »