« ジャン・トッドFIA会長、ミハエル・シューマッハにエール | トップページ | 2018年F1カレンダー(12/06) »

2017/12/07

ロス・ブラウン氏、『グリッド降格ペナルティ』の再考を示唆

Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、今シーズン乱発されてファンの不興を買ったパワーユニット関連コンポーネンツ交換によるグリッド降格ペナルティについて、再考していることを明らかにしている。
これはF1を担当するロス・ブラウン/モータースポーツ担当取締役が示したもので、ファンが不安に思っていることは重々感じているとしたもの。

「来シーズンは、これまでより厳しく3つのエンジンに制限するため、さらにペナルティが続発することも考えられる。
例えば二つのコンポーネンツを交換すると15グリッド降格。
これは多くのドライバーにとってほぼ最後尾スタートを意味するが、それが20でも30でも実質ペナルティが変わらないというのは不可思議なことだ。
そこで、あるいは最後尾よりもさらに後方からスタートするという案もあるのかも知れない。
また、ペナルティを受けた順番を考慮するというのも一案だ。
われわれはペナルティの分野でも広い視野で改革を考えている」

今年のF1では、全部で20台によるレースにも関わらず45グリッド降格などという非現実的なケースもみられた。

|

« ジャン・トッドFIA会長、ミハエル・シューマッハにエール | トップページ | 2018年F1カレンダー(12/06) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66131192

この記事へのトラックバック一覧です: ロス・ブラウン氏、『グリッド降格ペナルティ』の再考を示唆:

« ジャン・トッドFIA会長、ミハエル・シューマッハにエール | トップページ | 2018年F1カレンダー(12/06) »