« ニコ・ロズベルグ、「テレビ解説は公平な立場で」 | トップページ | E.オコン(F・インディア)、メルセデスに助け求めていた »

2017/12/23

フェルスタッペン(レッドブル)、「ホンダ施設見て残留決めた」

Honda Sakura Factory (C)Honda Racing
拡大します
将来のF1チャンピオンと目される逸材マックス・フェルスタッペン(20歳:オランダ)だが、レッドブル・レーシングとの契約をまだ2年以上も残す今年10月の段階で更に1年延長することを決めて関係者を驚かせた。

これについて同グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、「さくら(ホンダのF1開発拠点)を訪ねたことが契約延長の決め手になった」と、その背景を明かした。

それによれば当時メルセデスAMGチームとの交渉が噂されていたフェルスタッペンを伴ってさくらのF1拠点を訪問、同選手はその設備の素晴らしさに納得したのだという。
もちろん契約金のアップも果たされたとみられるが、この時点ですでにフェルスタッペンは近い将来にレッドブル・ホンダが実現することを聞かされていたことになる。

レッドブル・レーシングは2018年もルノー製パワーユニットを搭載して戦うことがすでに決まっているが、これにより2019年以降ホンダ・エンジンへのスイッチがいよいよ確実視されることとなった。

|

« ニコ・ロズベルグ、「テレビ解説は公平な立場で」 | トップページ | E.オコン(F・インディア)、メルセデスに助け求めていた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66186401

この記事へのトラックバック一覧です: フェルスタッペン(レッドブル)、「ホンダ施設見て残留決めた」:

« ニコ・ロズベルグ、「テレビ解説は公平な立場で」 | トップページ | E.オコン(F・インディア)、メルセデスに助け求めていた »