« グリッドガール、F1から消滅の可能性も | トップページ | ランド・ノリス(マクラーレン)、フリー走行出走熱望も »

2017/12/16

カナダGPピットビル、2018年に向けてリニユーアル

Canada GP

カナダGPの開催地であるモントリオール市が、2019年のイベントに向けジル・ビルニューブ・サーキットのリニューアルに乗り出すことがわかった。
パドックエリア全体に改修の手は及ぶということだが、とりわけメインストレートに面したピットガレージビルの本格建築がメインになるという。

それによれば新しいピットガレージビルは総3階建て。
1階はチームガレージやコントロールタワー(2階にも)、そしてスタッフのためのスペースに。
2階はゲストのためのホスピタリティスペースとメディアルームに表彰台施設。
3階はすべてゲストのためのホスピタリティ・テラスに充てられるとのこと。

着工は2018年6月のカナダGP終了後で、完成予定は2019年4月。
なお改修に掛かる費用は総額4,800万ドル(約54億円)に達するという。

|

« グリッドガール、F1から消滅の可能性も | トップページ | ランド・ノリス(マクラーレン)、フリー走行出走熱望も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66161200

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPピットビル、2018年に向けてリニユーアル:

« グリッドガール、F1から消滅の可能性も | トップページ | ランド・ノリス(マクラーレン)、フリー走行出走熱望も »