« E.オコン(F・インディア)、メルセデスに助け求めていた | トップページ | チーム首脳も『グリッドガール廃止案』に懐疑論 »

2017/12/24

ランド・ノリス(マクラーレン)、「F1のタイヤは違いすぎ」

Land Noris (C)McLaren Group
拡大します
これまでのコンサバティブな姿勢から一転、今シーズンのF1タイヤはより柔らかい方向に変更したこともあり大幅にスピードアップしてラップタイムの短縮が実現されたが、このタイヤについてマクラーレン・チームのテスト&リザーブドライバーに指名されたランド・ノリス(18歳:イギリス)が次のように言及している。

「僕は様々なピレリのタイヤを体験してきたけれど、今年のF1用タイヤは性格がまるで違うように感じたね。
確かにF1用タイヤ自体はグリップもありその一方でグラデーション(性能劣化)も抑えられているので周回を重ねてもプッシュできる。
でもそれと比べてF2用タイヤは違いすぎるんだ。
こちらはこれまでのピレリそのものなんだけど、F2のグラデーションはF1と比べて10倍はあるんじゃないか。
両者はまるで異なるメーカーのタイヤのように違うもの。
F2はF1登竜門というけれど、その意味ではまったくF1の勉強にはならないと思うよ」と、辛辣だ。

|

« E.オコン(F・インディア)、メルセデスに助け求めていた | トップページ | チーム首脳も『グリッドガール廃止案』に懐疑論 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66190103

この記事へのトラックバック一覧です: ランド・ノリス(マクラーレン)、「F1のタイヤは違いすぎ」:

« E.オコン(F・インディア)、メルセデスに助け求めていた | トップページ | チーム首脳も『グリッドガール廃止案』に懐疑論 »