« レッドブル首脳、「トロ・ロッソ・ホンダ」への協力姿勢みせる | トップページ | ピレリタイヤ、新登場『スーパーハード』は保険 »

2017/12/02

『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢

Aston Martin Redbull (C)RedBull Racing
拡大します
2018年シーズンからレッドブル・レーシングと提携、チーム名を『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを明らかにしているイギリスの高級自動車メーカー『アストンマーティン』(アストンマーティン・ラゴンダ社)が、スポンサーとしてだけでなくさらに本格エンジン・サプライヤーとしてのF1復帰に意欲をみせている。

今回はタイトル・スポンサーという形での参画に留まるが、FIA(国際自動車連盟)が進めている2021年以降の新レギュレーションによるF1についてテクニカル・ワーキング・グループにも同社はオブザーバーとして参加、高い関心を示してきている。
これについて同社のアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)は「前向きに検討しているが、現行のF1より大幅にコスト削減が果たされることが前提」と、予防線を張っている。

ただFIAが示した2021年の改革素案に対しては、フェラーリやメルセデスなど既存のマニュファクチャラーズから早くも反発の声が聞かれていて予断を許さない状況だ。
イギリスの名門自動車メーカーであるアストンマーティンは1959年から1960年に掛けて自身でF1に参戦(最高位6位)した経緯を持つ。

|

« レッドブル首脳、「トロ・ロッソ・ホンダ」への協力姿勢みせる | トップページ | ピレリタイヤ、新登場『スーパーハード』は保険 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66111135

この記事へのトラックバック一覧です: 『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢:

« レッドブル首脳、「トロ・ロッソ・ホンダ」への協力姿勢みせる | トップページ | ピレリタイヤ、新登場『スーパーハード』は保険 »