« 不評のハロー(頭部保護装置)、広告効果に期待 | トップページ | マクラーレン首脳、リバティ・メディアの改革を支持 »

2017/12/28

レッドブル首脳、「2018年のホンダに注目」とプレッシャー

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
近い将来、レッドブル・レーシングに搭載の可能性も伝えられるホンダ製パワーユニットについて、同グループのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士が「2018年の戦績に注目している」と、プレッシャーを掛けている。

これは同氏がF1公式サイトで次のように語ったもの。
「今シーズン後半、トロ・ロッソは数多くのマシントラブルに見舞われた。
マシンの側にも問題があったのは事実だが、ルノー・エンジンの信頼性はレースを戦う上で障害になった。
その意味で来年はホンダと綿密なパートナーシップがなされなければならない。
両者はいま来季に向けて懸命に仕事を進めているが、われわれも来季のホンダには高い関心を持って注目しているところだ」

ルノー・スポールによるレッドブル・レーシングへのエンジン供給は2018年限りとされていて、その後は同チームもホンダ・エンジン搭載になる可能性が高い。
そのためにも来季トロ・ロッソ・ホンダの成否は、本家レッドブル・レーシングにとっても重要な関心事ということになる。

|

« 不評のハロー(頭部保護装置)、広告効果に期待 | トップページ | マクラーレン首脳、リバティ・メディアの改革を支持 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66205901

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、「2018年のホンダに注目」とプレッシャー:

« 不評のハロー(頭部保護装置)、広告効果に期待 | トップページ | マクラーレン首脳、リバティ・メディアの改革を支持 »