« 王者ハミルトン(メルセデス)、「来季もカーナンバー1付けない」 | トップページ | エクレストン氏、リバティ・メディアのF1運営に落胆 »

2017/11/21

フェリッペ・マッサ、WMSC(世界モータースポーツ評議会)入りが有力

Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン限りでF1引退を表明をしたフェリッペ・マッサ(36歳:ブラジル)の今後について、噂になっているFIA(国際自動車連盟)のWMSC(世界モータースポーツ評議会)入りが有力になっているようだ。

WMSCは1993年にFIAの下部組織としてモータースポーツの統括を目的に設立された機関。
国際モータースポーツの関連事項を検討・決定する、この分野の最高決定機関。
ジャン・トッドFIA会長自らが議長を務め、各国のACN(各国のモータースポーツ権能団体)の代表27名で構成されているが、このブラジルが保有するポジションにマッサを就けようというのが『CBA』(ブラジル自動車連盟:Confederacao Brasileira de Automobilismo)のワルドネル・ベルナルド会長の意向。
実現すればドライバーの立場から現場を熟知した貴重なメンバーになることが期待される。

|

« 王者ハミルトン(メルセデス)、「来季もカーナンバー1付けない」 | トップページ | エクレストン氏、リバティ・メディアのF1運営に落胆 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66068136

この記事へのトラックバック一覧です: フェリッペ・マッサ、WMSC(世界モータースポーツ評議会)入りが有力:

« 王者ハミルトン(メルセデス)、「来季もカーナンバー1付けない」 | トップページ | エクレストン氏、リバティ・メディアのF1運営に落胆 »