« フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も | トップページ | フォース・インディア、「オコンの去就はメルセデス次第」 »

2017/11/04

レッドブル・レーシング、来シーズンは立場が微妙に

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
2007年からルノー製パワーユニットを搭載、2010年から2013年まではセバスチャン・ベッテルを擁し4年連続のタイトル獲得を果たしたレッドブル・レーシングだが、来季の立場は微妙なものになるかも知れない。
というのも、これまでほぼワークス待遇だったルノーとの関係に、マクラーレン・チームが影響を及ぼしそうだからだ。

これまで本家レッドブル同様ルノー・エンジンだったトロ・ロッソが来季はホンダにスイッチ。
一方、これと入れ替わる形でマクラーレン・チームがルノー陣営に加わることが決まった。
レッドブルはまだ来年もルノーで戦うが、再来年にはいよいよホンダとのパートナーシップがスタートするものと考えられている。
その場合、ルノーとしては今季マクラーレン、さらにもちろん自身のチームを優先させ、レッドブルが陣営第3の扱いになりかねない懸念が持たれている訳だ。

これについてクリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)は、「われわれはこれまで同様、ルノーが最大限の扱いをしてくれると確信している」と牽制しているが、3チームの成績次第では一気に変化が起きる可能性がある。

|

« フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も | トップページ | フォース・インディア、「オコンの去就はメルセデス次第」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66000412

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、来シーズンは立場が微妙に:

« フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も | トップページ | フォース・インディア、「オコンの去就はメルセデス次第」 »