« ピレリタイヤ、2018年には『6番目のタイヤ』投入へ | トップページ | F・インディア、残り2戦のフリー走行にジョージ・ラッセル起用 »

2017/11/08

行き場が狭まったダニール・クビアト(前トロ・ロッソ)

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
レッドブル・グループから契約解除が通知されたというダニール・クビアト(前トロ・ロッソ)だが、2018年のポジションとして秘かにマクラーレン・チームのリザーブドライバーの座を窺っていたということだ。
ここではバンドーンはともかく、アロンソがまた欠場する機会もあるのではとみられていてリザーブドライバーは魅力的だ。
しかし既報のように同チームは新鋭のランド・ノリス(17歳:イギリス)の起用を発表、これによりクビアトは一つの可能性を失ったとされる。

クビアトが広言しているのはウィリアムズ・チームのレースシートということだが、マッサの後任を狙っているのはロバート・クビサやポール・ディ・レスタ、そしてパスカル・ウェーレインら強敵がひしめいている状況。

|

« ピレリタイヤ、2018年には『6番目のタイヤ』投入へ | トップページ | F・インディア、残り2戦のフリー走行にジョージ・ラッセル起用 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66016945

この記事へのトラックバック一覧です: 行き場が狭まったダニール・クビアト(前トロ・ロッソ):

« ピレリタイヤ、2018年には『6番目のタイヤ』投入へ | トップページ | F・インディア、残り2戦のフリー走行にジョージ・ラッセル起用 »