« 課題の『F1コスト削減案』がチーム側に提示へ | トップページ | ピレリタイヤ、2018年には『6番目のタイヤ』投入へ »

2017/11/07

マクラーレン、ランド・ノリスを来季リザーブドライバーに

Land Noris (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チームは2018年のテスト&リザーブドライバーに同チームの若手育成プログラムの一員であるランド・ノリス(17歳:イギリス)を抜擢したことを明らかにした。

ノリスは昨年の『マクラーレン・オートスポーツBRDCヤング・ドライバー賞』を受賞、今シーズンはヨーロッパF3選手権に参戦し、みごとシリーズ・チャンピオンに輝いた逸材。
今年8月のハンガリー合同テストに参加し、すでに最新のF1マシンも体験している。
来年はF1傘下のF2シリーズ(旧GP2)、ないしは日本のスーパー・フォーミュラへの参戦が期待されている。

なおこれを受け、現在同チームのリザーブドライバーで実際に今年のモナコGPに出走したジェンソン・バトン(37歳:イギリス)は来年このポジションから外れるものとみられる。

|

« 課題の『F1コスト削減案』がチーム側に提示へ | トップページ | ピレリタイヤ、2018年には『6番目のタイヤ』投入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66013696

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、ランド・ノリスを来季リザーブドライバーに:

« 課題の『F1コスト削減案』がチーム側に提示へ | トップページ | ピレリタイヤ、2018年には『6番目のタイヤ』投入へ »