« リカルド(レッドブル)にサインツ(ルノー)がプレッシャー | トップページ | フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も »

2017/11/03

ウィリアムズ・チーム、『大人』のドライバーが対象

Williams Duo (C)Williams F1
拡大します
来季、フェリッペ・マッサの引退が見込まれるウィリアムズ・チームでは、その後任となるドライバーについて検討中とみられ、すでに何人ものレースドライバー候補が挙げられているが、その条件の一つが『大人』であるということがわかった。

これは同チームのパディ・ロウ/テクニカル・エグゼクティブディレクターが示唆したもの。
それによれば同チームのタイトル・スポンサーがアルコール・メーカーの『マルティーニ』であることから、お酒が飲める年令であることが必須なのだという。
アルコールが飲める年令は国によって異なるが多くは18歳から22歳程度のため、チームでは概ね23歳以上のドライバーを念頭に置いているとみられる。

同チームで来季残留が確実とみられるランス・ストロールはまだ19歳。
一方、現在チームメイトとして名前が挙がっているのはクビサ(32歳)やディ・レスタ(31歳)、クビアト(23歳)、そしてウェーレイン(23歳)というのも納得がいきそうだ。

|

« リカルド(レッドブル)にサインツ(ルノー)がプレッシャー | トップページ | フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65996553

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ・チーム、『大人』のドライバーが対象:

« リカルド(レッドブル)にサインツ(ルノー)がプレッシャー | トップページ | フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も »