« マクラーレン、『サップ』とのパートナーシップ契約を延長 | トップページ | 引退表明のマッサ(ウィリアムズ)、「来年はゆっくりしたい」 »

2017/11/09

ハミルトン(メルセデス)、脱税疑惑の払拭に躍起

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
いま世界を騒がせているICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が入手したとされる新たなタックスヘイブン(租税回避地)関連資料である『パラダイス文書』に、F1を代表するドライバーであるルイス・ハミルトン(イギリス)の名前があったため、波紋を呼んでいる。

それによればハミルトンは、自身のプライベートジェット機『ボンバルディア CL605 チャレンジャー』を取得する際にいったんマン島に輸入、ビジネスのための使用であるとして400万ドル(約4億5600万円)以上の税金の払い戻しを受けたことが記載されているとのこと。
ハミルトンは、英国人スポーツマンの資産番付で4年連続の首位として報じられている。

ただしこれについてハミルトンの顧問弁護士は「税制上で合法なもの」と主張している。

|

« マクラーレン、『サップ』とのパートナーシップ契約を延長 | トップページ | 引退表明のマッサ(ウィリアムズ)、「来年はゆっくりしたい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66020797

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、脱税疑惑の払拭に躍起:

« マクラーレン、『サップ』とのパートナーシップ契約を延長 | トップページ | 引退表明のマッサ(ウィリアムズ)、「来年はゆっくりしたい」 »