« 「年間3基制限のエンジン」方針に、チャンピオンも懐疑的 | トップページ | フォース・インディア、リザーブ候補にジョージ・ラッセル »

2017/11/16

『カシオ』、トロ・ロッソとのパートナーシップ契約を更新

EDIFICE (C)CASIO
拡大します
『カシオ』ブランドで知られるカシオ計算機(株)は、2016年から行われてきたスクーデリア・トロ・ロッソとのオフィシャル・パートナーシップ契約をさらに更新したことを明らかにした。
なお新契約は2018年1月からの2年間。

「当社ではスクーデリア・トロ・ロッソの持つ若く勢いのある躍動感、マシンに注ぎ込められた革新的な技術、そしてスピードを追い求める情熱が、メタルスポーティクロノグラフ“EDIFICE”の世界感と相通ずることから、2016年からオフィシャルパートナーとしてスポンサードしています。
“EDIFICE”は、「Speed and Intelligence」をコンセプトに、モータースポーツの持つスピード感を表現したダイナミックなデザインや、最先端のエレクトロニクス技術を駆使して進化させ続けてきたストップウオッチ機能やワールドタイム機能が特長のブランドです。
近年では、スマートフォンを介してタイムサーバーに接続し、世界中どこでも正確な時刻を取得、更にサマータイムやタイムゾーンの情報を自動更新して時計の時刻情報を常に最新の状態に保つ「Connectedエンジン」搭載のモデルを発売。大胆なデザインと先進的で多彩な機能を兼ね備えた高性能クロノグラフとして、モータースポーツファンを中心に人気を博しております。
今回のオフィシャルパートナー契約により、2018年・2019年のシーズン期間中、ドライバーのレーシングスーツとマシンのノーズ部分には“CASIO”と“EDIFICE”のロゴが入ります。
このパートナーシップにより、“EDIFICE”の積極的なプロモーション活動を全世界で展開してまいります」

|

« 「年間3基制限のエンジン」方針に、チャンピオンも懐疑的 | トップページ | フォース・インディア、リザーブ候補にジョージ・ラッセル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66050550

この記事へのトラックバック一覧です: 『カシオ』、トロ・ロッソとのパートナーシップ契約を更新:

« 「年間3基制限のエンジン」方針に、チャンピオンも懐疑的 | トップページ | フォース・インディア、リザーブ候補にジョージ・ラッセル »