« ブラジルGP予選Q1、本命ハミルトン(メルセデス)がクラッシュ | トップページ | ブラジルGP予選、ボタス(メルセデス)が自身3度目ポール飾る »

2017/11/12

ブラジルGP予選Q2、アロンソ(マクラーレン)6番手タイム

引き続きブラジルGP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。
なおまだ雨は降っていない。

俄然、ポールポジションの可能性が高まったボタス(メルセデス)が先頭でタイムアタックに入ったが、無線で一部に雨粒が落ち始めたことを伝えている。
10グリッド降格が決まっているリカルド(レッドブル)は他がスーパーソフトの中、決勝レースを見据えソフトタイヤで挑んでいる。

ドライのままセッションは終了。
トップはベッテル(フェラーリ)で1'08.494のベストタイム。
これに0.144秒の2番手にボタス(メルセデス)、3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手リカルド(レッドブル)、6番手アロンソ(マクラーレン)、7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、9番手ペレス(フォース・インディア)、10番手サインツ(ルノー)でこまでがQ3進出。

ここで敗退となったのはオコン(フォース・インディア)、グロージャン(ハース)、バンドーン(マクラーレン)、マグヌッセン(ハース)、そしてハートリー(トロ・ロッソ)の5台となった。
Q2進出はしたものの10グリッド降格が決まっているハートリーはタイムアタックはせず確認走行を続けていた。

|

« ブラジルGP予選Q1、本命ハミルトン(メルセデス)がクラッシュ | トップページ | ブラジルGP予選、ボタス(メルセデス)が自身3度目ポール飾る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66032314

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルGP予選Q2、アロンソ(マクラーレン)6番手タイム:

« ブラジルGP予選Q1、本命ハミルトン(メルセデス)がクラッシュ | トップページ | ブラジルGP予選、ボタス(メルセデス)が自身3度目ポール飾る »