« 2018年のシャークフィン、マクラーレンの反対で頓挫 | トップページ | トロ・ロッソ、来季ガスリー&ハートリーの起用を正式発表 »

2017/11/17

フェリッペ・マッサ、引退後はFIA(国際自動車連盟)の役職も

Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン、2度目の引退表明をしたウィリアムズ・チームのフェリッペ・マッサ(36歳:ブラジル)の今後について、本人は他のカテゴリーでの競技生活継続を示唆していると伝えられているが、ここに来てFIA(国際自動車連盟)の役職に就く可能性が示され、話題を呼んでいる。

これはマッサも所属するブラジルのACN(各国のモータースポーツ権能団体)である『CBA』(ブラジル自動車連盟:Confederacao Brasileira de Automobilismo)のワルドネル・ベルナルド会長が、地元ブラジルの『グローボ・ニュース』に語ったもの。

それによれば同会長は、「マッサのこれまでの経験を活かすべく、WMSC(世界モータースポーツ評議会)の評議員に推薦したい」と説明したが、マッサ本人は「周囲とも相談し前向きに検討している」と語るものの、まだ結論は出してないという。

なおドライバーではないが、やはり同じフェラーリで一時代を過ごしたジャン・トッド氏は現在FIA会長を務めているのは知られている。

|

« 2018年のシャークフィン、マクラーレンの反対で頓挫 | トップページ | トロ・ロッソ、来季ガスリー&ハートリーの起用を正式発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66053155

この記事へのトラックバック一覧です: フェリッペ・マッサ、引退後はFIA(国際自動車連盟)の役職も:

« 2018年のシャークフィン、マクラーレンの反対で頓挫 | トップページ | トロ・ロッソ、来季ガスリー&ハートリーの起用を正式発表 »