« ホンダ、いよいよマクラーレンとのラストレース | トップページ | ウィリアムズ、ロバート・クビサと来季契約締結の報 »

2017/11/22

FIA、旧マノー・レーシングにエントリー料返還

Manor Racing logo (C)Manor Racing
拡大します
2016年シーズンにF1参戦したマノー・レーシング(MRT)に対し、FIA(国際自動車連盟)が2017年シーズンに向けて同チームが支払ったエントリー料などを返金したことがわかった。

それによれば当時同チームのレースドライバーだったパスカル・ウェーレインが第9戦オーストリアGPで10位入賞した際の1ポイント分の賞金を含む52万ドルあまり(約5,900万円)を同チームの再建管理人に支払ったというもの。

新シーズンに参戦できなかったこうしたケースの場合、本来エントリー料は返還すべきものではないとされるが、FIAは今回特例措置として処理したとのことだ。

マノーは2010年に初参戦したヴァージン・レーシング、そしてマルシア等の系譜を経てプライベートチームとして健闘したが、2016年を最後に消滅している。

|

« ホンダ、いよいよマクラーレンとのラストレース | トップページ | ウィリアムズ、ロバート・クビサと来季契約締結の報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66071779

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、旧マノー・レーシングにエントリー料返還:

« ホンダ、いよいよマクラーレンとのラストレース | トップページ | ウィリアムズ、ロバート・クビサと来季契約締結の報 »