« 小林可夢偉、アンドレッティ・チームからフォーミュラE参戦 | トップページ | マクラーレン首脳、アロンソのルマン24時間レース挑戦を容認 »

2017/11/18

シューマッハのフェラーリ、オークションで8億4千万円の高値

Sotheby's
ミハエル・シューマッハがモナコGPで勝利を飾った『F2001』がニューヨークで世界最古の国際競売会社『サザビーズ』のオークションに掛けられ、750万ドル(約7億4千万円)の高値で落札されたことがわかった。

この『F2001』は2001年のモナコGPでミハエル・シューマッハが予選2位から優勝した時のもの。
モナコでは通算5勝を記録しているシューマッハだが、これがモナコでの最後の勝利となっている。

当初の落札予定価格は400万ドル(約4億5千万円)とされていたが、これを大きく上廻る落札価格になった。
これは近代F1マシンとして最高価格とみられる。
なお出品者の意向で落札金額の一部が『シューマッハ・キープ・ファイティング基金』に寄付されるという。

|

« 小林可夢偉、アンドレッティ・チームからフォーミュラE参戦 | トップページ | マクラーレン首脳、アロンソのルマン24時間レース挑戦を容認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66056779

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハのフェラーリ、オークションで8億4千万円の高値:

« 小林可夢偉、アンドレッティ・チームからフォーミュラE参戦 | トップページ | マクラーレン首脳、アロンソのルマン24時間レース挑戦を容認 »