« ガスリー(トロ・ロッソ)、さらなるグリッド降格ペナルティ | トップページ | ブラジルGPフリー3回目、メルセデス勢最速もフェラーリ肉薄 »

2017/11/11

アロンソ(マクラーレン)の挑戦、ルマン24時間だけじゃない?

Toyota『TS040 HYBRID』 (C)Toyota Motorsports
拡大します
まだ関係者は肯定していないものの、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がルマン24時間レース参戦を前提にトヨタWECチームとコンタクトを取ったという噂が専らだが、さらに参戦はルマンの1戦だけではない可能性が伝えられている。

来年、両シリーズの日程がバッティングするのは10月21日(日)のアメリカGP(US-GP)と富士6時間レースだけということで、それ以外のレースにもアロンソが参戦するという方向で交渉が進められているというもの。

アロンソは来年すでにデイトナ24時間レースへも参戦するとみられていて、事実であれば最も多忙なF1ドライバーということになりそうだ。
ただ、実現してもお膝元の富士戦に出られないというのはトヨタにとって無念なことだろう。

|

« ガスリー(トロ・ロッソ)、さらなるグリッド降格ペナルティ | トップページ | ブラジルGPフリー3回目、メルセデス勢最速もフェラーリ肉薄 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66030306

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)の挑戦、ルマン24時間だけじゃない?:

« ガスリー(トロ・ロッソ)、さらなるグリッド降格ペナルティ | トップページ | ブラジルGPフリー3回目、メルセデス勢最速もフェラーリ肉薄 »