« シューマッハのフェラーリ、オークションで8億4千万円の高値 | トップページ | G.シュタイナー代表(ハースF1)、「もっと既存チームの充実を」 »

2017/11/19

マクラーレン首脳、アロンソのルマン24時間レース挑戦を容認

Zak Brown (C)McLaren Group
拡大します
かねてF1以外のカテゴリーへの挑戦に意欲をみせるフェルナンド・アロンソ(36歳:スペイン)だが、その一つとされる『ルマン24時間レース』への参戦をマクラーレン・チームは容認する構えだ。

これは同チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターがバルセロナのスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティボ』に語ったもの。
その中でこのアメリカ人は次のように語っている。

「彼がF1以外のレースに関心を持っているのはよくわかっているし、世界三大レースのルマン24時間レースがその一つであることも理解している。
できればわれわれがアロンソと共にその『三冠』を達成したいと思っているんだ。
(アロンソはマクラーレン・チームのドライバーだった20017年にモナコGPで優勝している)」

ちなみに来年のルマン24時間レースはF1の日程とバッティングしていない。
ただしマクラーレンでは現在まだルマンで総合優勝できるような自身のLMP1マシンを保有していないため、アロンソはトヨタWECチームとコンタクトを取っていると伝えられている。

|

« シューマッハのフェラーリ、オークションで8億4千万円の高値 | トップページ | G.シュタイナー代表(ハースF1)、「もっと既存チームの充実を」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66060192

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、アロンソのルマン24時間レース挑戦を容認:

« シューマッハのフェラーリ、オークションで8億4千万円の高値 | トップページ | G.シュタイナー代表(ハースF1)、「もっと既存チームの充実を」 »