« ウィリアムズ・チーム、『大人』のドライバーが対象 | トップページ | レッドブル・レーシング、来シーズンは立場が微妙に »

2017/11/03

フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
このほどFIA(国際自動車連盟)とF1オーナーであるリバティ・メディアが示した2021年シーズンからの新F1エンジン規定に対し、現在の中心サプライヤーであるメルセデスやフェラーリ、そしてルノーらが異を唱えているようだ。
とりわけフェラーリは早くも『拒否権行使』も辞さないとの強い姿勢をみせている。

これについて同陣営のマウリツィオ・アリバベーネ代表は、「メルセデスやわれわれは、F1チームである同時にエンジン・サプライヤーでもある。
そこには企業として当然ビジネスという重要な要素が絡んで来る。
正当なF1活動のため、また継続性を維持する意味でもわれわれには不当な改変を拒否する権利を持っている。
ただみんなが正しい方向を向いて進んでいるのなら、もちろんそんな必要性はないがね」と、牽制。

FIAは新しいレギュレーションの元に新たな複数のマニュファクチャラー参戦を誘導しているが、これが現在の主要チームとは必ずしも相容れないもののようだ。

|

« ウィリアムズ・チーム、『大人』のドライバーが対象 | トップページ | レッドブル・レーシング、来シーズンは立場が微妙に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65996711

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も:

« ウィリアムズ・チーム、『大人』のドライバーが対象 | トップページ | レッドブル・レーシング、来シーズンは立場が微妙に »