« ライコネン(フェラーリ)、「F1ドライバーなら対応当たり前」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、フェルスタッペンの非難に調査開始か »

2017/10/25

ロベルト・モレノ氏、鈴鹿サーキットのイベントに登場へ

Roberto Moreno
1990年の日本GPで、ベネトン・フォードを駆って2位表彰台に輝いたロベルト・モレノ氏(58歳:ブラジル)が、11月に行われる鈴鹿サーキットのイベント『リシャールミル・鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2017』のため再び来日することがわかった。

当時ベネトンはアレッサンドロ・ナニーニがレースドライバーだったがヘリコプターの事故による欠場で急きょモレノが代役出場、エースのネルソン・ピケに続いて自身最高位となる2位に入ったもの。
ちなみにこの時の3位は当時ラルースの鈴木亜久里(ローラ・ランボルギーニ)だった。

1995年でF1から離れたモレノ氏は、その後米インディカーでも活躍。
いつも笑顔を絶やさないその明るい性格は多くのファンに愛された。

|

« ライコネン(フェラーリ)、「F1ドライバーなら対応当たり前」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、フェルスタッペンの非難に調査開始か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65960377

この記事へのトラックバック一覧です: ロベルト・モレノ氏、鈴鹿サーキットのイベントに登場へ:

« ライコネン(フェラーリ)、「F1ドライバーなら対応当たり前」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、フェルスタッペンの非難に調査開始か »