« 無念のDNSライコネン(フェラーリ)、「誰も責められない」 | トップページ | 7位入賞バンドーン(マクラーレン)、「これまでで最高のレース」 »

2017/10/02

ストロール(ウィリアムズ)、「不幸なインシデント(出来事)だった」

Lance Stroll (C)Williams F1
拡大します
マレーシアGPで今季6回目の入賞を果たした新人ランス・ストロール(ウィリアムズ)だったが、レース後にベッテル(フェラーリ)と接触し、マシンを大破させたことで一気に喜びが消えることとなった。

ストロールはこれについて「不幸なインシデント(出来事)だったね。
インラップだったのでとてもゆっくり走っていたんだ。
だってもうレースは終わっていたんだからね。
状況はわからない。
僕は普通にラインを走っていたんだけど、なぜか突然ベッテルがイン側に寄ってきてぶつかってしまったんだ」と、説明した。

なおこの件は審議対象とされたがレーススチュワード(審査委員)はベッテル、ストロールのいずれについてもペナルティはなしとされた。

|

« 無念のDNSライコネン(フェラーリ)、「誰も責められない」 | トップページ | 7位入賞バンドーン(マクラーレン)、「これまでで最高のレース」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65862990

この記事へのトラックバック一覧です: ストロール(ウィリアムズ)、「不幸なインシデント(出来事)だった」:

« 無念のDNSライコネン(フェラーリ)、「誰も責められない」 | トップページ | 7位入賞バンドーン(マクラーレン)、「これまでで最高のレース」 »