« ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え | トップページ | 「フェラーリのセカンド・チームじゃない」と、ハースF1首脳 »

2017/10/15

カルロス・サインツ(ルノー)、早期移籍の必要性強調

Carlos Sainz (C)Renault Sport F1
拡大します
トロ・ロッソとのレースドライバー契約を日本GP限りで解消、シーズン半ばにして来季所属する予定のルノー・チームへの移籍が決まったカルロス・サインツ(23歳:スペイン)が、その必要性について次のように説明した。

「もちろん、今シーズンはこのまま終わっても構わなかったんだ。
でも来季のことを考えたら、少しでも早い時期に準備をスタートさせるのは良いことだよね。
来年の開幕戦の前に、4戦も経験することができるんだもの」と、WRC(世界ラリー選手権)チャンピオンの子息。

ただチームメイトとなるニコ・ヒュルケンバーグとの『バトル』については、「彼はもう多くの経験をこのチームで果たしてきているんだから、いきなり上廻るというのは難しいこと。
僕はここでは新人なんだから、いろいろと勉強させてもらうだけだよ」と、普段とは変わって低姿勢を貫いた。

そのヒュルケンバーグはルノーでここまで6回の入賞、最高位は6位を3回経験している。

|

« ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え | トップページ | 「フェラーリのセカンド・チームじゃない」と、ハースF1首脳 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65918835

この記事へのトラックバック一覧です: カルロス・サインツ(ルノー)、早期移籍の必要性強調:

« ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え | トップページ | 「フェラーリのセカンド・チームじゃない」と、ハースF1首脳 »