« アロンソ(マクラーレン)、米GPでインディ・ヘルメット着用へ | トップページ | カルロス・サインツ(ルノー)、早期移籍の必要性強調 »

2017/10/15

ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
ルノー・エンジンの供給元であるルノー・スポールでは、来シーズン『予選モード』の投入に手応えを持っていることを明らかにした。

これは同陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターが語ったもので、現在すでにメルセデスとフェラーリが公式予選時に特別のパワーを生み出す予選モードを持っていて、これによりルノーはグリッド獲得で後れを取っているのだという。
そのためルノーもこの分野の開発に尽力していて、来シーズンからの導入に目途がついたことを示唆したもの。

「これによる予選時のパワーアップ、そして決勝レースでの信頼性の確保が進めば、これまで取りこぼした多くのポイントを手にすることができるだろう」と自信をみせるアビテブール氏。

かつて黄金時代には予選で1000馬力を発揮したとされるホンダ・ターボエンジンも、早急の対応が求められることになる。

|

« アロンソ(マクラーレン)、米GPでインディ・ヘルメット着用へ | トップページ | カルロス・サインツ(ルノー)、早期移籍の必要性強調 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65918523

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え:

« アロンソ(マクラーレン)、米GPでインディ・ヘルメット着用へ | トップページ | カルロス・サインツ(ルノー)、早期移籍の必要性強調 »