« ピレリ、アメリカGPに『ピンクタイヤ』投入へ | トップページ | アメリカGPのスターターはウサイン・ボルト »

2017/10/18

ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、「ハミルトン&ロズベルグ解雇話も」

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2013年から昨年まで4年間継続したルイス・ハミルトン&ニコ・ロズベルグというドライバー・ラインナップだが、そのうちそれぞれ3回に渡り両タイトル獲得を果たしたメルセデスAMGチームだが、一時は二人の解雇まで考えたことがあったことがわかった。

これを明かしたのは元3回のF1チャンピオンで、メルセデス・モータースポーツで現在CEO(最高経営責任者)を務めるニキ・ラウダ氏(68歳:オーストリア)。

それによれば両ドライバーが軋轢の末、互いに接触・リタイヤした2016年のスペインGPの際のこと、「こうした状況はチームとして到底受け入れられない」と二人に警告。
もし再度同様のことが繰り返されれば、開幕戦も辞さないことを宣言したという。
幸いトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターがうまく二人をコントロールした結果、最悪の事態は免れたのだとのこと。

ただタイトル獲得後、ロズベルグはF1に見切りを付けチームを去ることとなった。

|

« ピレリ、アメリカGPに『ピンクタイヤ』投入へ | トップページ | アメリカGPのスターターはウサイン・ボルト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65930638

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、「ハミルトン&ロズベルグ解雇話も」:

« ピレリ、アメリカGPに『ピンクタイヤ』投入へ | トップページ | アメリカGPのスターターはウサイン・ボルト »