« マレーシアGPはフェルスタッペン(レッドブル)が20歳祝の2勝目 | トップページ | ストロール(ウィリアムズ)、「不幸なインシデント(出来事)だった」 »

2017/10/02

無念のDNSライコネン(フェラーリ)、「誰も責められない」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
せっかく勝ち取ったフロントロウにもかかわらず、ウォームアップ走行で発覚したエンジントラブルにより無念のDNS(スタートせず)となったフェラーリ・チームのキミ・ライコネンは、それでも「誰も責められない」として平静を装った。

「走り出してすぐパワーが出ていないことに気が付いたんだ。
とりあえずグリッドに着き、修復に当たってもらったけれど直せなかったのでピットガレージへと戻った。
そこで直ればピットスタートという手もあったんだろうけど、残念ながらレースに参加することはできなかったよ。
トラブルの原因はまだ不明のまま、昨日までは万全だったから何が起きたのかわからない。
いずれ判明すると思うけれど、理由が何であれ誰も責めることなんてできないよ。
これがモーターレーシングというものだからね」と、アイスマン。

ただ今回フェルスタッペン(レッドブル)が優勝したことにより、今季上位3チーム(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)のドライバーで優勝していないのはライコネンだけとなった。

|

« マレーシアGPはフェルスタッペン(レッドブル)が20歳祝の2勝目 | トップページ | ストロール(ウィリアムズ)、「不幸なインシデント(出来事)だった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65862972

この記事へのトラックバック一覧です: 無念のDNSライコネン(フェラーリ)、「誰も責められない」:

« マレーシアGPはフェルスタッペン(レッドブル)が20歳祝の2勝目 | トップページ | ストロール(ウィリアムズ)、「不幸なインシデント(出来事)だった」 »