« 日本GPのスチュワードにトム・クリステンセン氏 | トップページ | 日本GPフリー1回目、ベッテル(フェラーリ)がベストタイム »

2017/10/06

レッドブルとマクラーレン、ホンダを巡り舌戦

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
現在日本唯一のF1エンジン・サプライヤーであるホンダは今季限りでマクラーレン・チームと訣別、来季はレッドブル傘下のトロ・ロッソに供給することが決まっているが、そのパフォーマンスを巡り両チーム首脳の間で舌戦が繰り広げられている。

マクラーレン・チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは、「もし来シーズン、トロ・ロッソの後塵を拝することにでもなれば、それはわれわれのマシンが悪かったからと言われかねない。つまり屈辱だ」と、檄。

一方レッドブル・グループのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士のほうは「いまマクラーレンがフィニッシュしている位置を見れば、ホンダ製パワーユニットの立ち位置が見えてくるというものだ。
従ってトロ・ロッソが下した判断に誤りはない」と、強気の反論。
翌2019年には本家レッドブル・レーシングがホンダ・エンジンで戦う見込みとなっている。

そのホンダはマクラーレンとの3年間最後となるホーム日本GPを迎えた。

|

« 日本GPのスチュワードにトム・クリステンセン氏 | トップページ | 日本GPフリー1回目、ベッテル(フェラーリ)がベストタイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65880023

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブルとマクラーレン、ホンダを巡り舌戦:

« 日本GPのスチュワードにトム・クリステンセン氏 | トップページ | 日本GPフリー1回目、ベッテル(フェラーリ)がベストタイム »