« ジェンソン・バトン、日本のスーパーGTフル参戦に関心 | トップページ | ドライの日本GPフリー走行3回目、クラッシュが相次ぐ »

2017/10/07

アロンソ(マクラーレン)、35グリッド降格の可能性

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
まだ正式発表はないものの、ホンダのホームグランドとなる日本GPでマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソに35グリッド降格の可能性が伝えられている。

それによれば同チームは金曜日のセッション終了後、10基目のMGU-H(熱エネルギー回生システム)とTC(ターボチャージャー)、8基目のICE(エンジン本体)とMGU-K(運動エネルギー回生システム)、7基目のエナジーストア、6基目のECU(エンジン・コントロール・ユニット)を一気に投入するとのこと。

事実であれば35グリッド降格となり、当然のことながらオーバーテイクが難しいとされる鈴鹿サーキットで最後尾からのスタートを余儀なくされる。

|

« ジェンソン・バトン、日本のスーパーGTフル参戦に関心 | トップページ | ドライの日本GPフリー走行3回目、クラッシュが相次ぐ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65884813

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、35グリッド降格の可能性:

« ジェンソン・バトン、日本のスーパーGTフル参戦に関心 | トップページ | ドライの日本GPフリー走行3回目、クラッシュが相次ぐ »