« メルセデスAMG、「公道走るF1カー」をお披露目へ | トップページ | ハミルトンにやる気! ピレリ・タイヤテストに積極参加 »

2017/09/12

R.ブラウン氏、金曜日フリー走行フォーマット改革に意欲

Ros Brawn (C)Mercedes Motorsports
拡大します
現在のF1レギュレーションではコスト削減の面からシーズン中もシーズン前もテストが厳しく制限されていて、若手ドライバーがF1カーを走らせるチャンスが極端に制約されている。
わずかにグランプリウィークの金曜日フリー走行1回目セッションで一部のチームがリザーブドライバーを走らせる程度だ。

これについて今シーズンからF1のモータースポーツ・ディレクターを務めるロス・ブラウン氏は、「若手ドライバーのためにも変更は必要だと考えている。
ただ実際の変更については全チームの同意を得なければならず、新しいフォーマットの導入には時間が掛かると思うが、F1の将来を考えたら変更は絶対に必要だ。
新しいF1ドライバーを育てるためだけでなく、混走したときの危険を減少させるためにも考える必要はある。
なるべく早いうちに検討していきたい」と、意欲をみせた。

言うまでもなく、同氏はベネトンやフェラーリで、また自身のチームでもタイトル獲得を果たすなどF1の世界を知り尽くした男だ。

|

« メルセデスAMG、「公道走るF1カー」をお披露目へ | トップページ | ハミルトンにやる気! ピレリ・タイヤテストに積極参加 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65780330

この記事へのトラックバック一覧です: R.ブラウン氏、金曜日フリー走行フォーマット改革に意欲:

« メルセデスAMG、「公道走るF1カー」をお披露目へ | トップページ | ハミルトンにやる気! ピレリ・タイヤテストに積極参加 »