« イタリアGPフリー2回目、マクラーレン勢が7-8番手タイム | トップページ | レッドブル勢もペナルティで後方グリッドスタートに »

2017/09/02

アロンソ(マクラーレン)、P/U交換で35グリッド降格

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
今回のイタリアGPでもフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は35グリッド降格というハンディを背負ってスタートすることとなった。

これはスペック3.7と呼ばれる仕様のICE(エンジン本体)を投入、さらにターボチャージャーやMGU-K(運動エネルギー回生システム)、MGU-H(熱エネルギー回生システム)等の関連コンポーネンツを交換することにより計35グリッド降格という派現実的なペナルティを受けるもの。

ただシステムの確認ができればいったん3.5の旧スペックに戻して今回のイタリアGPを戦い、次のシンガポールGPで再び3.7にして備えるという。
これはパワー・サーキットと言われるモンツァでは元々不利だと考えたからだ。
この日アロンソは午前が15番手、午後は8番手タイムをマークしている。

|

« イタリアGPフリー2回目、マクラーレン勢が7-8番手タイム | トップページ | レッドブル勢もペナルティで後方グリッドスタートに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65739614

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、P/U交換で35グリッド降格:

« イタリアGPフリー2回目、マクラーレン勢が7-8番手タイム | トップページ | レッドブル勢もペナルティで後方グリッドスタートに »