« スタート判定厳格化はベッテル(フェラーリ)がきっかけ | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、歌手デビューを目論む »

2017/09/26

『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』誕生

Astonmartin Redbull Racing (C)RedBull Racing
拡大します

レッドブル・レーシングは、2018年シーズンからチーム名を『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを正式発表した。

アストンマーティンはイギリスの名門自動車メーカーで、1959年から1960年に掛けて自身がF1に参戦(最高位6位)した経緯を持つ。

今回はとりあえずタイトル・スポンサーという形の参画だが、将来的にはレッドブル・レーシングへのエンジンサプライヤーとしてF1に参入することにも関心を持っていると説明された。

現行エンジン規則のF1は2020年末までとされていることからアストンマーティンは2021年以降のエンジン・サプライヤーを窺っているものとみられる。

|

« スタート判定厳格化はベッテル(フェラーリ)がきっかけ | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、歌手デビューを目論む »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65838128

この記事へのトラックバック一覧です: 『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』誕生:

« スタート判定厳格化はベッテル(フェラーリ)がきっかけ | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、歌手デビューを目論む »