« ライコネン(フェラーリ)、「自分にやれることは何もなかった」 | トップページ | ホンダ首脳、「現行ルールの2020年までに結果出す」 »

2017/09/20

ジョリオン・パーマー、ウィリアムズ移籍の可能性探る

Jolyon Palmer (C)Renault F1 Team
拡大します
カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)の加入が正式発表され、来季ルノー・チームのシートを失うことが確実とみられるジョリオン・パーマー(26歳:イギリス)が、ウィリアムズ・チームに移籍の可能性を探っていることがわかった。
これはジョリオンの父で、自身も元F1ドライバーだったジョナサン氏が認めたもの。
ちなみに父ジョナサンが1983年にF1デビューしたのがウィリアムズ・チームだった。

サインツの加入はシンガポールGPに週末に行われたが、これに奮起したのかジョリオンはこのレースで自己最高位となる6位入賞を果たしている。

ウィリアムズ・チームではランス・ストロールが残留、フェリッペ・マッサが今季限りとされているが、すでにその後任にロバート・クビサの名前も挙がっている。

|

« ライコネン(フェラーリ)、「自分にやれることは何もなかった」 | トップページ | ホンダ首脳、「現行ルールの2020年までに結果出す」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65814486

この記事へのトラックバック一覧です: ジョリオン・パーマー、ウィリアムズ移籍の可能性探る:

« ライコネン(フェラーリ)、「自分にやれることは何もなかった」 | トップページ | ホンダ首脳、「現行ルールの2020年までに結果出す」 »