« マクラーレン、「2019年にはルノー陣営のナンバーワン」 | トップページ | ジョリオン・パーマー、ウィリアムズ移籍の可能性探る »

2017/09/20

ライコネン(フェラーリ)、「自分にやれることは何もなかった」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
シンガポールGPオープニングラップで多重事故に巻き込まれたフェラーリ・チームのキミ・ライコネンは、責任問題が大きな騒動になる中、「自分にやれることは何もなかった」と、静かに振り返っている。

このアクシデントを巡っては、審議したレーススチュワード(審査委員)が『通常のレーシング・インシデント(出来事)』だったとしてベッテル(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、そしてライコネンの3人についていずれもお咎めなしとしている。
しかしレッドブルはベッテルを、またフェラーリはフェルスタッペンをそれぞれ非難の応酬を繰り返しているもの。

ライコネンは、「スタートは良かったけれど、進むべきスペースがなくなった。
僕にとって今回の事故は避けることができないもので、やれることは何もなかったよ」とした上で、『アイスマン』らしく「事故の原因が何であれ、結果は変わらないからね」と相変わらずクールだった。

|

« マクラーレン、「2019年にはルノー陣営のナンバーワン」 | トップページ | ジョリオン・パーマー、ウィリアムズ移籍の可能性探る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65814085

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、「自分にやれることは何もなかった」:

« マクラーレン、「2019年にはルノー陣営のナンバーワン」 | トップページ | ジョリオン・パーマー、ウィリアムズ移籍の可能性探る »