« 中国GP、2020年までの開催契約延長で合意 | トップページ | 「みんなに申し訳ない」と、クラッシュのグロージャン(ハース) »

2017/09/30

グロージャン(ハース)のマシン修復作業に特例認める

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
マレーシアGPのレーススチュワード(審査委員)は、29日(金)に行われたフリー走行セッション終盤にアクシデントに見舞われたハースF1チームのロマン・グロージャンのマシンについて、通常の制限時間を越えて修復作業を行うことを認めたと通知した。

ただこれはアクシデントの原因がドライバーやチームにとって不可抗力となるコースサイドの排水口の蓋にあることが確認されたためで、あくまでも今回が特例であると付け加えた。

作業が許可されたとはいえ、マシンの損傷状況は深刻で、チームが受けたダメージは金銭的にも時間的にも計り知れないものとなった。

|

« 中国GP、2020年までの開催契約延長で合意 | トップページ | 「みんなに申し訳ない」と、クラッシュのグロージャン(ハース) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65854415

この記事へのトラックバック一覧です: グロージャン(ハース)のマシン修復作業に特例認める:

« 中国GP、2020年までの開催契約延長で合意 | トップページ | 「みんなに申し訳ない」と、クラッシュのグロージャン(ハース) »