« ホンダ首脳、「現行ルールの2020年までに結果出す」 | トップページ | フォース・インディア、あらためてE.オコン残留を正式発表 »

2017/09/21

M.アリバベーネ代表(フェラーリ)、「誰もタイトル諦めてない」

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
一時はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がリードしていたドライバーズ・チャンピオンシップだったが、シンガポールGPでの痛恨のリタイヤにより一気にルイス・ハミルトン(メルセデス)との差は28ポイントまで拡大した。
しかしこれについてフェラーリ・チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、「まだタイトル獲得を諦めたものなど一人もいない」と、強弁した。

「シンガポールの結果はわれわれにとって残念なものになったが、だからといってチーム内には誰一人として希望を失ったものはいない。
戦いは終わったのではなく、少しだけ困難なものになっただけ。
世界のファンには申し訳ないレースになってしまったが、われわれには逆転できる戦闘力を持ったクルマと優れたドライバーがいる。
ほんとうの戦いはこれからだ」

とはいえ跳ね馬チームの2台がいずれも戦線離脱となったのは、2015年メキシコGP以来という不名誉なもの。

|

« ホンダ首脳、「現行ルールの2020年までに結果出す」 | トップページ | フォース・インディア、あらためてE.オコン残留を正式発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65817847

この記事へのトラックバック一覧です: M.アリバベーネ代表(フェラーリ)、「誰もタイトル諦めてない」:

« ホンダ首脳、「現行ルールの2020年までに結果出す」 | トップページ | フォース・インディア、あらためてE.オコン残留を正式発表 »