« イタリアGPフリー1回目、やはりメルセデスAMG勢が最速 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、P/U交換で35グリッド降格 »

2017/09/01

イタリアGPフリー2回目、マクラーレン勢が7-8番手タイム

Monza Circuit (C)Redbull Racing
拡大します
1日(金)午後、モンツァ・サーキットを舞台にイタリアGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温25度、路面温度36度まで上昇、湿度51%、コースはドライコンディション、このセッション中に雨が降る確率は40%と予想されている。
スタンドは前戦ベルギーGPのオレンジから一転、フェラーリの真紅に染まっている。

60分過ぎ、ルノー・エンジンを搭載したサインツ(トロ・ロッソ)のマシンが白煙を上げてストップ。エンジンブローと思われる。
終了間際にはマグヌッセン(ハース)の゜マシンがサスペンション・トラブルでストップ、一歩間違えれば重大事故にもなりかねないものだった。

今回もメルセデスAMG勢が最速タイム。
ボタスが1'21.406のタイムで1番手、これに0.056秒差でハミルトンが続いた。
3-4番手がフェラーリのベッテル&ライコネン、5-6番手フェルスタッペン&リカルドのレッドブル勢、これになんとマクラーレンのバンドーン&アロンソが7-8番手で続いた。
9番手はオコン(フォース・インディア)、10番手がマッサ(ウィリアムズ)になった。

イタリアGPフリー走行2回目の結果はこちら
イタリアGPの画像はこちら

|

« イタリアGPフリー1回目、やはりメルセデスAMG勢が最速 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、P/U交換で35グリッド降格 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65738732

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアGPフリー2回目、マクラーレン勢が7-8番手タイム:

« イタリアGPフリー1回目、やはりメルセデスAMG勢が最速 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、P/U交換で35グリッド降格 »