« ルノー・スポール、レッドブルへのエンジン供給は来年限りか | トップページ | シンガポールGP、開催の契約延長に前向き »

2017/09/15

チェイス・キャリー/CEO、今後もホンダのF1参戦を強調

Chase Carey/CEO (C)Liberty Media Group
拡大します
マクラーレン・チームとの契約如何によっては、F1からの強制退場も予想されるホンダだが、新たにF1の代表となったチェイス・キャリー/CEOは今後ともホンダがF1に留まることを強調した。

「言うまでもなく、ホンダはF1においてのレジェンドであり、その存在は今でも重要なものだ。
エンジン・サプライヤーや供給を受けるチームの間にはそれぞれ複雑な事情があるが、われわれはホンダのF1撤退を回避するため、できる限りの支援をしたいと思っている。
具体的なことを話すつもりはないが、一部のエンジンしか勝てないというのが続いているというのは誰も望んでいることではない」と、キャリー/CEO。

同CEOは常々「いまのF1は高価に過ぎるし、競争力に差がありすぎる」と、見直す方向性があることを示している。

|

« ルノー・スポール、レッドブルへのエンジン供給は来年限りか | トップページ | シンガポールGP、開催の契約延長に前向き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65792334

この記事へのトラックバック一覧です: チェイス・キャリー/CEO、今後もホンダのF1参戦を強調:

« ルノー・スポール、レッドブルへのエンジン供給は来年限りか | トップページ | シンガポールGP、開催の契約延長に前向き »