« トロ・ロッソ、レッドブル・ジュニアの立ち位置鮮明に | トップページ | マレーシアGPのスチュワードにダニー・サリバン氏 »

2017/09/28

エリック・ブイユ代表(マクラーレン)、「2018年はランキング3位必須」

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
3年間に渡るホンダとのパートナーシップを解消、来シーズンからはルノー製パワーユニットを搭載することが決まっているマクラーレン・チームでは、「2018年はコンストラクターズ・ランキング3位が必須」と、檄を飛ばした。
これは同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターがスペインのスポーツ紙『マルカ』に語ったもの。

「来シーズンのわれわれの目標はコンストラクターズ・ランキングで3位になることだ。
困難ではあるが不可能ではない。
それだけでなく、少なくとも1回は優勝したい。
すでにレッドブルで実際に勝利経験のあるルノー・エンジンを積むのだから、これも可能性はある」

その上でブイユ氏はさらに、「周囲に過度な期待をもたせるつもりはない。
リップサービスなどではなく、十分に実現できると確信しているから言っているんだ」と、自信をみせた。

マクラーレン・チームにとってランキング3位は2012年以来、また最後に優勝したのも2012年のブラジルGP(ジェンソン・バトン)まで遡ることになる。

|

« トロ・ロッソ、レッドブル・ジュニアの立ち位置鮮明に | トップページ | マレーシアGPのスチュワードにダニー・サリバン氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65846063

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・ブイユ代表(マクラーレン)、「2018年はランキング3位必須」:

« トロ・ロッソ、レッドブル・ジュニアの立ち位置鮮明に | トップページ | マレーシアGPのスチュワードにダニー・サリバン氏 »