« トロ・ロッソ、来季ショーン・ジェラエル昇格の可能性も | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、メルセデスAMGの戦略に言及 »

2017/08/05

メルセデスの改良型ハロー(頭部保護装置)、視界に障害なし

Mercedes Halo System (C)Mercedes Motorsport
拡大します
メルセデスAMGチームは2018年シーズンからのハロー(頭部保護装置)導入が正式に決まったあと、初めてになる改良型の同システムを開発、ジュニア・ドライバーであるジョージ・ラッセル(19歳:イギリス)の手により本格走行を行った。

これまでのものに比べ視界を遮るフロントバーの径を狭めるなどした結果、ドライバーの感想は良好なもので、視界に問題はないとのお墨付きが与えられたという。

FIA(国際自動車連盟)はすでにこれまでテストされたシールド・コクピット等の中からハローの採用に絞っていて、今後は各グランプリの現場でもフリー走行1回目・2回目にそれぞれのチームでテストを進めるよう促している。

|

« トロ・ロッソ、来季ショーン・ジェラエル昇格の可能性も | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、メルセデスAMGの戦略に言及 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65621790

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスの改良型ハロー(頭部保護装置)、視界に障害なし:

« トロ・ロッソ、来季ショーン・ジェラエル昇格の可能性も | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、メルセデスAMGの戦略に言及 »