« 松下信治、ベルギーF2で大クラッシュに見舞われる | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、「マシントラブル多過ぎる」 »

2017/08/29

ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、アロンソ(マクラーレン)を酷評

Niki Lauda (C)Mercedes Motorsport
拡大します
元3回のF1チャンピオンであるニキ・ラウダ氏(現メルセデス・モータースポーツ/CEO)が、不振が続くアロンソ(マクラーレン)への同情論に楯突いている。

「私にはアロンソに同情する気持ちはないね。
彼がいま真剣にF1に取り組んでいるとは思えないし、現在のチームでとんでもない大金を手にしているのだから。
来年、彼はどこに行くにしても1年契約に留め、2018年で契約が満了するハミルトン(メルセデス)の後を狙っていると聞いた。
しかし私はそんなことにはならないと思っているけれどね」と、独『スピード・ウィーク』誌に語るF1レジェンド。

そのアロンソはベルギーGPでもマシントラブルを訴えてリタイヤしたが、これにもパドックでは様々な噂が飛び交っている。

|

« 松下信治、ベルギーF2で大クラッシュに見舞われる | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、「マシントラブル多過ぎる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65724682

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、アロンソ(マクラーレン)を酷評:

« 松下信治、ベルギーF2で大クラッシュに見舞われる | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、「マシントラブル多過ぎる」 »