« ミック・シューマッハ、ベルギーGPで父の『ベネトン』をドライブへ | トップページ | オコン(フォース・インディア)、「チームメイトより努力している」 »

2017/08/14

レッドブル、シミュレーションとのギャップに困惑

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
2013年まではチャンピオンシップ争いの筆頭だったレッドブル・レーシングだが、F1レギュレーションが大きく変更されたここ数年はメルセデスAMGが圧倒、さらに2番手の座までフェラーリに奪われてその存在感を薄めている。

その最大の理由は規格が激変したエンジン・ルールで採用していたルノー製パワーユニットが後れを取ったこと。
しかし同チームのクリスチャン・ホーナー代表は他にも苦戦の原因があると指摘した。

「もちろんルノー・エンジンにも不振の原因はあるが、われわれを当惑させているのはそれだけではない。
風洞設備で実験し、確認して開発した筈のパーツに思うような効果が実車で表れていないことがある。
それ自体は昔からあることだが、今のレギュレーションになってからそれが極めて顕著になっているんだ。
シミュレーションと合致しない。
以前のわれわれのマシンはコーナリングに重点を置いたためストレートに難がみられたが、今は全体が課題になってしまっているよ」

前半を終えランキングでは3位にあるものの、トップとの差はすでに倍近くに開いてしまっている。

|

« ミック・シューマッハ、ベルギーGPで父の『ベネトン』をドライブへ | トップページ | オコン(フォース・インディア)、「チームメイトより努力している」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65661882

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、シミュレーションとのギャップに困惑:

« ミック・シューマッハ、ベルギーGPで父の『ベネトン』をドライブへ | トップページ | オコン(フォース・インディア)、「チームメイトより努力している」 »