« ホンダ、トロ・ロッソとのエンジン供給交渉決裂の報 | トップページ | 2021年F1エンジン、『V型6気筒ツィンターボ』案が有力 »

2017/08/18

「今のF1は二つのカテゴリー」と、サインツ(トロ・ロッソ)

Carlos Sainz (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
かねがね本家レッドブル・レーシングへの移籍を訴えるスクーデリア・トロ・ロッソのカルロス・サインツ(22歳:スペイン)が、今のF1勢力図について嘆いた。

「今のF1はすっかり2極化してしまっているよ。
まるで二つのカテゴリーなのに同時にレースをしているようなものだからね。
タイトル争いをしているメルセデスとフェラーリを始めとして、レッドブルまでの上位グループと、それ以外のチームとはもうすっかりかけ離れてしまっているんだ。
もちろん僕らは上位とのギャップを少しでも詰めるべく頑張っているけれど、それでも奇跡でも起きなければわれわれにに優勝のチャンスなんてないからね。
違いがありすぎて、まるで別々のクラスが同時にレースをしているようなもの。
これじゃモチベーションが上がる訳がないよ」と、こぼした。

このチーム間格差についてはF1上層部も認めているが、とはいえ今のところ簡単に解決策は見出せないようだ。

|

« ホンダ、トロ・ロッソとのエンジン供給交渉決裂の報 | トップページ | 2021年F1エンジン、『V型6気筒ツィンターボ』案が有力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65678183

この記事へのトラックバック一覧です: 「今のF1は二つのカテゴリー」と、サインツ(トロ・ロッソ):

« ホンダ、トロ・ロッソとのエンジン供給交渉決裂の報 | トップページ | 2021年F1エンジン、『V型6気筒ツィンターボ』案が有力 »