« フォース・インディア、ペレスとの契約合意間近か | トップページ | ウィリアムズ、後半挽回の課題はダウンフォース »

2017/08/21

アメリカでの新規グランプリ開催希望、「門前列をなす」

1981 Las Vegas (C)Williams F1
拡大します
F1は近年その開催数を増加させているが、中でもアメリカでの開催希望が集中しているということだ。

現在北米ではカナダ(モントリオール)とアメリカ(テキサス州オースティン)の2か所でF1が行われているが、アメリカではさらにラスベガス、ニューヨーク、マイアミ、ロスアンゼルス等が相次いで開催に開催に名乗りを挙げているとのこと。
この中でラスベガスはかつて1980年代に2回アメリカGPが行われた歴史があり、実現すれば復活ということになる。

F1の代表であるチェイス・キャリー/CEOは開催希望の増加は歓迎するものの、単純な目先の経済的メリットではなく、長期的視野に則った安定した契約を優先されるとこうした動きを牽制している。

事実、自動車王国アメリカではこれまで他にも多くの都市でF1が開催されてきたが、ワトキンスグレンやロングビーチ、デトロイト、そしてインディアナポリスなど消滅したグランプリも枚挙に暇がない。

|

« フォース・インディア、ペレスとの契約合意間近か | トップページ | ウィリアムズ、後半挽回の課題はダウンフォース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65690476

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでの新規グランプリ開催希望、「門前列をなす」:

« フォース・インディア、ペレスとの契約合意間近か | トップページ | ウィリアムズ、後半挽回の課題はダウンフォース »