« 鈴鹿サーキットに歴史的F1マシンが大集合 | トップページ | マクラーレン、来季のエンジン選定が大詰めに »

2017/08/13

ルノー・スポール首脳、パーマー残留に復調を期待

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
今季再びワークスとして戦っているルノー・チームはここまで26ポイントを獲得しているが、そのすべてがニコ・ヒュルケンバーグが記録したものでジョリオン・パーマーのほうは1ポイントも寄与していない。
そのためパーマーにはシーズン半ばの放出もあるのでは、との噂まで伝えられている。

こうした状況を受けルノー・エンジンの供給元であるルノー・スポールのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは次のように語っている。

「ルノー・チームとパーマーとの契約は今シーズン末まであって、パーマーのポジションは確立されている筈だ。
しかし今のままでは来年以降の更新はないのではないか。
2018年も彼がルノー・チームで走りたいというのであれば、これからのシーズン後半劇的に状況を改善しなくてはならないよ。
ただチャンピオンシップを戦っていく上でチームの安定性は重要だから、個人的には来季も同じドライバー・ラインナップが続くことを願っているがね」

しかし先のハンガロリンク合同テストでロバート・クビサが好走をみせたことから依然としてドライバー交代の噂はくすぶったままだ。

|

« 鈴鹿サーキットに歴史的F1マシンが大集合 | トップページ | マクラーレン、来季のエンジン選定が大詰めに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65657639

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール首脳、パーマー残留に復調を期待:

« 鈴鹿サーキットに歴史的F1マシンが大集合 | トップページ | マクラーレン、来季のエンジン選定が大詰めに »