« ペレス、マグヌッセンの走行マナーを競技委員に直訴 | トップページ | 予選Q1、マクラーレン勢共にQ2進出果たす »

2017/08/26

ベルギーGPフリー3回目、ライコネン(フェラーリ)が最速!

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
26日(土)午前、注目の公式予選を午後に控えベルギーGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は曇り、気温20度、路面温度23度、湿度は86%、コースは朝がた降った雨により一部濡れているためウェット宣言、ただすでにほぼドライになりつつあると報告されている。

なお昨日のフリー走行をほとんど走れなかったマッサ(ウィリアムズ)も無事今朝の再車検に合格しコースに出ている。
35分過ぎ、クビアト(トロ・ロッソ)がパワーを失ってコースサイドにストップ、コースはイエローコーションに。

60分のセッションを終え、最速タイムを記録したのはここを得意としているフェラーリのライコネンでただ一人43秒台に入れる1'43.916のベストタイムをマークした。
2番手もチームメイトのベッテルで0.197秒差。
前日最速だったハミルトン(メルセデス)は3番手だったがベッテルとの差はわずか0.001秒。
4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手大健闘のパーマー(ルノー)、8番手ペレス(フォース・インディア)、9番手サインツ(トロ・ロッソ)、10番手アロンソ(マクラーレン)。
バンドーン(マクラーレン)は14番手だった。

ベルギーGPの画像はこちら

|

« ペレス、マグヌッセンの走行マナーを競技委員に直訴 | トップページ | 予選Q1、マクラーレン勢共にQ2進出果たす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65712599

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーGPフリー3回目、ライコネン(フェラーリ)が最速!:

« ペレス、マグヌッセンの走行マナーを競技委員に直訴 | トップページ | 予選Q1、マクラーレン勢共にQ2進出果たす »