« ザウバー・チーム代表、来季シャルル・ルクレール起用を示唆 | トップページ | B.ボタス、メルセデスAMGとの契約更新は期間がカギか »

2017/08/10

F1新代表チェイス・キャリー/CEO、将来のF1像について語る

Chase Carey/CEO (C)Liberty Media Group
拡大します
リバティ・メディアによる買収に伴い、新たなF1代表のポジションに就いたチェイス・キャリー/CEOが、将来のF1像について次のように意欲を示した。

F1はFIA(国際自動車連盟)と各チームとの会議により、2020年シーズンまでは現行のレギュレーションを継続させるものの、2021年からは新たな企画によるF1をスタートさせることを決めている。
まずその基本的な構想として、現行エンジンよりも低廉な価格で抑えること、現行よりも迫力あるF1を取り戻すこと、などが挙げられている。

これらを踏まえた上で、キャリー/CEOは「低コストで大音量、これらを兼ね備えた優れたF1を造り上げていかなければならない。
いまのF1は高価に過ぎるし、競争力に差がありすぎる」と、見直す方向性があることを示した。

|

« ザウバー・チーム代表、来季シャルル・ルクレール起用を示唆 | トップページ | B.ボタス、メルセデスAMGとの契約更新は期間がカギか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65645744

この記事へのトラックバック一覧です: F1新代表チェイス・キャリー/CEO、将来のF1像について語る:

« ザウバー・チーム代表、来季シャルル・ルクレール起用を示唆 | トップページ | B.ボタス、メルセデスAMGとの契約更新は期間がカギか »