« 「今のF1は二つのカテゴリー」と、サインツ(トロ・ロッソ) | トップページ | 「フェルスタッペン(レッドブル)は動かない」と、レッドブル首脳 »

2017/08/19

2021年F1エンジン、『V型6気筒ツィンターボ』案が有力

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
F1は現在2014年から導入された『1.6リッターV型6気筒ターボ』で戦われているが、この規格は2020年末まで継続、その後はまた新しいレギュレーションに変更すべく検討が続けられている。

その新しい規格については各方面から様々な案が出されていて、中にはハイブリッドを止め自然吸気への回帰、迫力あるV型12気筒案を提起するものまであるとのこと。

しかし時代の趨勢から再び技術的に逆戻りすることは考えられず、多少簡素化したとしてもハイブリッド化を進めることは確実とされる。
またせっかくダウンサイズしたF1をV8やV10に戻すことも考えにくいとされることから有力なのはV6でツィンターボを採用する形式とみられている。

新たにF1を担当するロス・ブラウン/モータースポーツ担当取締役は、「いずれにしろ規格を変更するとなれば準備に時間が掛かるのでなるべく早く議論を収れんしたい」としている。

|

« 「今のF1は二つのカテゴリー」と、サインツ(トロ・ロッソ) | トップページ | 「フェルスタッペン(レッドブル)は動かない」と、レッドブル首脳 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65681684

この記事へのトラックバック一覧です: 2021年F1エンジン、『V型6気筒ツィンターボ』案が有力:

« 「今のF1は二つのカテゴリー」と、サインツ(トロ・ロッソ) | トップページ | 「フェルスタッペン(レッドブル)は動かない」と、レッドブル首脳 »