« C.ホーナー代表(レッドブル)、「ハンディはエンジンの予選モード」 | トップページ | ペレス(フォース・インディア)、来季も残留に向け交渉開始 »

2017/08/08

ピレリ、2018年シーズンに向け新スペックタイヤ投入へ

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
現在F1にタイヤを独占供給するピレリでは2018年シーズンに向け新たなタイヤ構造とコンパウンドの検討作業に入っているが、来年はその種類が増やされるかも知れないということだ。
これは同陣営のマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングが明らかにしたもの。

それによれば今年ピレリはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフト、ミディアム、そしてハードの5種類が用意さしたが、来年さらに6種類目のスペックが投入される可能性があるという。
最終スペックは11月に決定されるということだが、5種類だった今年も現実にはその倍の10種類ものコンパウンドが実際に用意されたということだ。

今年は4月からテストを開始、11月まで各チームにより行われていて、先のハンガロリンク合同テストでもピレリはメルセデスAMGチームと共にタイヤテストを行っていた。

|

« C.ホーナー代表(レッドブル)、「ハンディはエンジンの予選モード」 | トップページ | ペレス(フォース・インディア)、来季も残留に向け交渉開始 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65634702

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、2018年シーズンに向け新スペックタイヤ投入へ:

« C.ホーナー代表(レッドブル)、「ハンディはエンジンの予選モード」 | トップページ | ペレス(フォース・インディア)、来季も残留に向け交渉開始 »